2015年07月12日

モンクレール 新作 自己最悪7四死球…“大荒れ”阪神・藤

モンクレール RENOIR ルノワール(レッド)
モンクレール 新作自己最悪7四死球…“大荒れ”阪神・藤浪 連勝6でストップ スポニチアネックス7月12日(日)7時1分配信 モンクレール 店舗 oosaka モンクレール 店舗 イタリア <巨・神>6回、長野に右前適時打を打たれ天を仰ぐ藤浪 モンクレール ダウン ブログ  ◇セ・リーグ 阪神2−11巨人(2015年7月11日 東京D) 阪神・藤浪は唇をかみしめ、うつむきながらベンチへと下がった。5回2/3で自己ワーストを更新する7四死球を与え、自己ワーストタイの7失点。6回途中でKOされ、自身の連勝は6で止まった。5月8モンクレールジャパン 修理日の広島戦(甲子園)以来、約2カ月ぶりの黒星に「修正点をつかめないままモンクレール 2015 キッズ、バタバタしてしまった。最低限の仕事も果たせなかった」とうなだれた。 試合前のブルペンから調子は「相当悪かった」という。生命線である直球がことごとく甘く入り、痛打を食らった。3回は暴投で失点。5回2死満塁では、抜け球の151キロで村田に押し出し死球を与え、6回2死満塁で長野に外角高め154キロを右前にはじき返された。連勝中に見せた安定感が影を潜めた右腕について、中西投手コーチも「フォーム的にもちょっとね。バランスが悪かった」と首をかしげた。 チームは首位・巨人に2連敗。ゲーム差は2・5に広がり、東京ドームでは6連敗となった。「しっかり反省して次につなげたい」と誓った藤浪の活躍はチームの巻き返しに欠かせない。 ▼阪神・和田監督(球宴までの)一戦一戦残り3つを取るという気持ち。今年は何度も踏みとどまってきた。このカードの流れは悪いけど、そこを断ち切らないといけない。 【関連記事】 藤浪をKO…巨人、猛爆11点5連勝 虎連破でゲーム差2・5に 6連勝中の藤浪6回途中KO 今季自己ワースト7四死球で自滅 ラーメンで験担ぎも…阪神メッセ 自己ワースト6四球6敗目 阪神打線 覇気なし1・5差、借金1 “天敵”ポレダにまた… セ・リーグ 、 東京ドーム 、 バタバタ を調べるダウン モンクレール キッズ
posted by aiphonecase at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。