2015年08月15日

モンクレール キッズ >人民元、切り下げ一服か…わずかながら引き上げ

モンクレール BRONZE ブロンズ(ホワイト)
モンクレール キッズ人民元、切り下げ一服か…わずかながら引き上げ 読売新聞8月14日(金)11時20分配信  【北京=鎌田秀男】中国人民銀行(中央銀行)は14日朝、通貨・人民元の対ドルレートの指標となる基準値を、前日の基準値(1ドル=6・4010元)に比べ、0・05%元高・ドル安の1ドル=6・3975元とした。 人民銀は11〜13日の3日連続で大幅な切り下げを進めてきたが、わずかながら元高方向に引き上げた。中国による元安誘導政策は一服した模様だ。 基準値の発表を受けて始まった上海外国為替市場での取引は、1ドル=6・39〜6・40元前後と、基準値を挟んで小幅な値動きとなっている。 人民銀は13日に開いた記者会見で「基準値と市場の実勢レートの隔たりは是正された」などとし、元安誘導を収束させる考えを示している。MONCLER s machi
posted by aiphonecase at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンクレール 2016 >(平和のすがた:2)繁栄 再軍備、経団連マル秘試案 戦

モンクレール GOBERT ゴベール(ミリタリーグリーン)
モンクレール 2016(平和のすがた:2)繁栄 再軍備、経団連マル秘試案 戦後70年・第6部 朝日新聞デジタル8月14日(金)11時30分配信(有料記事) 1953年作成の「経団連試案」の原案=東京大学経済学部資料室所蔵  軍備を抑えて、繁栄を求める。戦後の日本が走ってきた道だ。しかし、70年の歴史で一度だけ、財界人たちが軍需による経済成長を夢見たことがあった。 敗戦から7年半が過ぎた1953年2月、日米両政府の関係者の間に出回った文書がある。この先どれだけ兵器を生産できるのか、その見通しを立てるために経団連内でひそかに作成された再軍備構想だ。「経団連試案」と呼ばれた。 赤い「マル秘」印がところどころに押されたザラ紙に、こう記されてある。 陸上兵力30万人 海上兵力7万人・艦艇29万トン 航空兵力13万人・航空機3750機――その総員は今の自衛隊の実に2倍以上だ。……本文:982文字この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。通常価格:390円/月(初月無料)会員価格会員価格:324円/月(初月無料)サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。購入して続きを読むYahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額410円)朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの記事一覧 朝日新聞社モンクレール キッズ 店舗
posted by aiphonecase at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。