2016年05月01日

ADを女子アナに、新人は全員レギュラー! TBSの“人材

モンクレールジャケット メンズ

 TBSの皆川玲奈、宇垣美里、品田亮太の各アナウンサーが、10月6日から同局の情報番組『あさチャン!』と、報道番組『Nスタ』にレギュラー出演する。今年4月入社の新人3人のアナウンサーが朝、夕方の番組で同時にレギュラーを持つのは初めて。同局では、今年に入り情報番組『王様のブランチ』のADだった笹川友里を女子アナに“異動”させたばかり。なりふり構わない状況の裏側に迫った。

 “ミス同志社大”の宇垣美里アナ、父親がNHKの元アナウンサーで、水泳でJOCジュニア五輪出場歴のある品田亮太アナ、学生時代にタレント活動していた皆川玲奈アナと、サラブレッド3人衆といった経歴を持つTBSの新人アナ。これに加えて、7月から笹川友里アナがアナウンス部に所属。

「新人4人が、いずれも同局の看板番組に配置されていますが、とにかく現場で即戦力になる人材を育てようというのが狙い」(TBS関係者)

「すぐ使える人材候補」といえば聞こえは モンクレール 買取マルカ いいが、その裏ではヤバ過ぎる人材不足が露呈しているという。

「昨今のTBSの“即デビュー”のやり方には、業界内でかなり評価が低い。というのも、もともとTBSはテレビ、ラジオ両メディアを持つ局ということもあり、地道に育てていくスタンスがあったんです。ところが、小林麻耶や田中みな実など、そこそこ使える若手が次々とフリーに転身。この数が他局よりも多いうえに、若手が育ってないのが痛い。一時、日テレも同様の事態に陥りましたが、徳島えりかアナや水卜麻美アナなど若手が育ってきた。一説には、TBSテレビの子会社に所属させる方式を取ってから、20代後半の女子アナの年収が700万円前後とも言われるなど、悪い待遇も若手が育たない要因のひとつとなっているようです」(別のTBS関係者)

 アイドルキャラやルックス重視で売り出すフジテレビはさておき、TBSの若手「即出演」は吉と出るか凶と出るか、微妙な情勢であることは間違いない。

モンクレールダウン人気ランキング
モンクレール 国内即発フーデット ニットダウンジャケット ブルゾン930グレー
posted by aiphonecase at 13:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。