2015年07月15日

モンクレール ダウンベスト <新国立競技場>鉄ダウンジャ

モンクレール CEZANNE セザンヌ (グレー)
モンクレール ダウンベスト<新国立競技場>鉄骨重量2万トン、東京タワーの5倍 毎日新聞7月14日(火)22時17分配信 報道陣に公開された新国立競技場の実施設計段階の模型=東京都内のホテルで2015年7月7日、竹内幹撮影  2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の巨大な2本の弓状の構造物(キールアーチ)を備えた屋根工区の建設に要する鉄骨重量は約2万トンに上り、約4000トンの東京タワーの5倍に相当することが分かった。アーチを支える構造物を地中深くに埋設するために生じる残土は78万立方メートルに及び、大型トラックで延べ12万〜14万台という。改めて建設の巨大さを示した。 14日、参院内閣、文教科学の両委員会の連モンクレール ポロシャツ 大阪合審査会で文部科学省の担当者が明らかにした。建築家ザハ・ハディド氏の特殊なデザインが総工費が2520億円に膨れ上がる要因となったが、質問した田村智子議員(共産)は「五輪と何の関係があるのか」とあきれた。屋根工区はキールアーチの部分の鉄骨重量が9300トン、流線型の屋根部分が1万1000トンという。フランス・パリのエッモンクレール ダウン 2015フェル塔が約7000トン、東京スカイツリモンクレール 2015 エルミンヌーは約3万6000トンとされる。 また、キールアーチは、アーチの両端を地中でケーブルで結び鉄筋コンクリートで固める「アーチタイ」という構造物で支える。アーチタイには鉄筋2300トン、コンクリート2万5000立方メートルを使用して埋めるため、残土が発生する。【田原和宏】 【関連記事】 20年東京五輪・パラリンピック:目指せ!世界の舞台へ 県が強化選手、団体指定 /千葉 支局長からの手紙:「新国立」と「爆買い」 /滋賀 We・東京五モンクレール ダウモンクレール ポロシャツ サイズン コーディネート輪・パラリンピック:「フィン」で圧倒的な速さ 種目入り狙い「体験会」 /東京 東京五輪への道:若きアスリートたち 自転車・安川義道選手(榛生昇陽高)/下 /奈良 新国立競技場:「フェラーリ買うようなもの」 橋下・大阪市長が批判ダウンコート モンクレール キッズ
posted by aiphonecase at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。