2021年03月29日

空港検疫の宿泊施設で療養中に死亡 エジプトから到着の50代女性

到着後、検疫検査場の仮設ブースでPCR検査を受ける乗客=2020年6月、成田空港 厚生労働省は27日、空港検疫で新型コロナウイルスへの感染が確認され、宿泊施設で療養していた広島県の50代女性が死亡したと発表した。26日午後の健康確認で異常はなかったが、27日朝の定時報告で連絡がつかず、訪問した職員がベッドで倒れているのを発見。救急隊員がその場で死亡を確認した。検疫所の宿泊施設で死亡した例は初めて。死因はわかっていない。

【グラフで見る】変異株拡大「衝撃的」な分析結果

 発表では、女性は16日にエジプトから成田空港に到着した際に感染が確認された。17〜19日に発熱があったが、その後は下がっていたという。PCR検査で陽性が続いていたが、ウイルスが変異株だったかは判定できていない。朝日新聞社
posted by aiphonecase at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。